薬剤師と聞いて、どのようなイメージをお持ちでしょうか。
薬剤師の典型的な働き方は、病院の近くの調剤薬局で医師の処方箋に従い、薬を調合して患者に提供することですが、実はそれ以外にも薬剤師の活躍する場は存在しますし、業務内容も多様です。中には夜勤をルーティーンとしている薬剤師もいます。

薬剤師が調剤薬局で働いた場合、年収は500万円前後とされています。管理者になると、100万円前後が加算されるのが一般的です。では病院で働いた場合はどうでしょうか。年収は病院の方が若干低いとされます。ただ、新卒の薬剤師は皆、病院を就職先として希望すると言われています。その理由は単純で、薬局で働いた場合、専門業務の割合が低下し、雑務に追われるからです。薬剤師という専門家として自己実現を図る若者にとって、そのような労働環境は我慢できないのでしょう。つまりやりがいのある仕事の割合は病院の方が高い傾向にあるのです。だからといって、薬局が人材不足に陥っているかと言えば、そうでもないようで、場所にもよるものと言えるようです。

現に、薬剤師の需要は低下し続けていると主張する見方もあります。これは販売者制度が始まったことによるもので、薬剤師にとっては不利な状況と言えます。ですが地域によってはドラッグストアが増えているエリアがあったり、勤務していた薬剤師の退職などにより局所的に需要が生まれたりなどもありますし、必ずしも転職・就職が難しいとは限りません。今後の推移が注目されるところです。薬剤師の求人業界界隈は情報がかなり変動していますから、こまめに情報をチェックしましょう。

ところで、製薬会社に就職する薬剤師もいますが、彼らはどうでしょうか。実は製薬会社の労働条件は薬剤師にとって悪いものではなく、年収が1000万円を超えることも珍しくありません。薬剤師は医師と同様に、患者の命を預かっています。ミスを起こさないように細心の注意を払うことが当然求められます。しかしどれほど注意深い人であろうと、残念ながらミスをすることはあります。調剤ミスの怖いところは、患者に健康被害が生じる可能性があることです。全ての薬剤師はそのような事態を招くことがないよう、常に努力と注意を怠ってはいけないといえるでしょう。