インスリンは、糖尿病患者にとって手放せない薬ですが、服用で生じる弊害が存在します。それは、依存性です。インスリンが注射されると、身体のホメオスタシスによって、膵臓のインスリン分泌が弱まります。するとさらにインスリンを注射しなければならなくなり、悪循環が生まれてしまいます。この悪循環を断ち切ることが出来なくなれば、インスリン注射に対する依存が高まってしまうのです。しかしインスリンの注射は決して安全とは言えず、場合によっては意識が失われることもあります。何故なら、注射量を誤ると、血糖値が急激に下がってしまうからです。そのため、医療機関ではインスリンを処方する際、必ずブドウ糖も処方されています。万一の時は呑むように指示されるのです。こうした治療法は糖尿病患者の身体を傷つけ続けることになりますから、別の治療法を選択することも考えるべきでしょう。
 ところで糖尿病は1型糖尿病と2型糖尿病とに分けることができます。前者は膵臓の分泌機能が失われるもので、インスリンを注射すること以外に道はありません。それに対して後者は、膵臓の機能が生き残っています。ですから何とかして知恵を絞り、インスリン注射に頼らない治療法を模索することが出来るはずなのです。2型糖尿病の患者の大半は、自身の生活習慣の乱れを直してこなかった人たちであり、それが膵臓の機能を弱らせていると考えられます。具体的には過食、喫煙、運動不足等が原因と考えられるため、これらを是正するだけで、膵臓の機能が回復するかもしれません