重い病気の場合、どうしても薬を服用しなければならないこともあるでしょう。しかし軽い病気、たとえば風邪のような症状を認められた場合、本当に薬は必要でしょうか。

日本人は咳が出たり、鼻水が増えたりしたくらいで、すぐに薬に手を出します。しかしそのような症状は放っておいても自然に治るのですから、薬に頼る必要はありません。子どもの頃に薬を与えられる機会が少なかった人ほど、自然治癒が一番であることを実感しています。ところで、欧米では多くの人が自然治癒に重きを置いており、簡単には薬を呑まないそうです。理由の一つは啓蒙が行き届いているからでしょうが、別の原因として、風邪薬が保険適用の対象外であることも寄与しているのでしょう。日本も見倣うべきではないでしょうか。呑まなくてもよい風邪薬に保険が適用されている日本では、無駄な医療費が膨れ上がっています。本来は医療関係者が声を上げるべきですが、製薬関係者も医師も、ドル箱を簡単には捨てようとしません。

 医療業界に反旗を翻すためには、先ず若い人が薬に頼らないように心掛けることが大切だと思います。風邪くらいの病なら寝れば治るのだと認識することです。若い親が実践すれば、子どももその影響を受けるでしょうし、次第に薬に手を出さない人の数が増えるはずです。そうすれば医療費が大幅に削減され、浮いた分を本当に薬や手術の必要な患者の治療に回すことができます。少なくともロキソニンの類を気軽に呑んでしまうような人は、猛省しなければなりません。ロキソニンは強い成分を含んだ薬ですから、その副作用を恐れるべきなのです。確かに鎮痛剤は頭痛にも歯痛にも腰痛にも効きますが、劇薬のリスクを負って呑むことを忘れてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です